気になる嫌なことの解決方法とは

特に大したことではないのに、ちょっとしたことが気になってしまうこともあるものです。たとえば昔読んだ本のタイトルが思い出せないとか、親しかった友人の誕生日が思い出せないといった具合です。また場合によっては、昔経験したいやなことが、いつまでも頭の中に残っていて困るということもあります。前者の場合は、解決方法を見出すことができます。ネットの検索機能を使って、その内容や作者を検索することで、意外と発見できることもあるものです。もし友達の誕生日がわからない時は、本人にメールなどで聞いてみるのもいいでしょう。この場合ただ聞くのではなく、たとえばこの間素敵なお菓子を見つけたのでプレゼントしたいけど、誕生日はいつでしたかといった具合に尋ねてみるといいでしょう。ただし昔の嫌な記憶、たとえば失敗をしたとか失恋をしたとか、あるいは小説や漫画で読んだ残酷な部分が未だに尾を引いているなどというのは、なかなか解決のしようがありません。こういう時は、忘れる努力をすることも必要です。忘れる努力というとちょっとわかりづらいのですが、つまり他のことに夢中になることで、嫌な思いを消し去ってしまうことです。他のことに夢中になるといっても、決して無理をしてはいけません。その反動で、いつまでも嫌なことを忘れられないようになってしまいます。たとえばあることを趣味にしてそれに没頭する、自分の気が晴れるような対象を、たとえばSNSで探してみてフォローするなどして行けば、自然と気が晴れてくるものです。そちらの方に夢中になればなるほど、なぜああいうことを気にしていたのだろうと思うようにもなります。特にそこまでやらなくても、きれいな風景とか花などの画像を見るだけでも、かなり気分的に前向きになれるものです。特に女性の場合は、ファッションとか化粧品などのサイトや画像を見るのもいいでしょう。やはり「きれいなもの」を見ることで、人間の心は浄化されるからです。その意味でインテリア関係のサイトなども、似たようなものがあります。アート関係もいいのですが、アートには様々な物があり、作品によってはトラウマとなりかねないこともあるので、その点には気をつけるようにしてください。たとえば一日の終わりに、花や風景の画像を集めたサイトをのぞくだけでも、気分が安らぐことがあります。あるいはそういう画像を集めたブログを探してお気に入りに登録し、寝る前にしばらく眺めるというのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です