いろんな人が居るからバランスが取れている

この世の中いろんな人が居るからおもしろいんですよね。最近になってそれがようやく分かるようになりました。人混みが苦手で大勢人が集まる場所に行くと自分を出せなくてそれは今も変わりませんが、人嫌いは少し治ってきたように思います。 動物は好きなんですよ。それから植物。動物は何でも可愛いと思いますしイヌやネコが家族だったこともあります。ペットが居ると心が優しくなり人に傷つけられ精神状態が悪くなっていても復活が早いんです。これはペットによる癒やしの力のおかげでしょう。 人嫌いになってしまったのは学生の頃。誤解されやすい性格なのか教師から誤解されることが多かったのです。人間不信っぽくなってしまってその頃から人を信じるのが苦手になってしまいました。 しかしそれもひとつの経験なんですよね・・・。いろんな経験をするためにこの世に生まれてきたのだからそういう経験をすることは避けられなかったでしょう。辛い経験や苦しい経験をするために自分を磨くために生まれてきたのだから仕方がないと考えるようになって人間嫌いが少し治ってきたのです。 いろんな考え方の人が居るからこの世の中バランスが取れているのでしょう。まともな人ばかりだとこれはバランスがおかしくなる。それぞれ考え方が違ってそれでいいんだと思えるようになると生きるのが辛くなくなります。 誰かのことを非難して「どうしてそういうことを言うのか」「どうしてそういう考え方をするのか」なんて憤ってみても何も変わらないんです。腹を立てるだけこちらが損。ストレスが溜ってイライラして損するのは自分なのだから人は人自分は自分とはっきり線を引いた方がいい。 自分と他人とを別の人間だと割り切れると気持ちが楽ですよ。何があっても自分とは関係ないと思うと肩の力が抜けます。相手を思うようにしたいとかコントロールしたいと思っていると思い通りにならないからイライラするんですよね・・・。 私のように過去に人間関係で失敗していたり傷つけられたりした人は人間嫌いになりやすいでしょう。そういう人は少なくないですよ。だからそんなに苦しまなくていいし人を好きになれないからと悩まなくていいんです。 気持ちが優しくて繊細な人ほど人間関係で悩みます。人間嫌いになりそうだったら「いろんな人が居るからこの世はバランスが取れている」と無理にでも思ってみましょう。実際いろんな考えの人が居るおかげで上手くいっているわけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です